その人生に、達成感を。

【人たらしのネタ帳】「敬天愛人」と言えば?

 

世界には二種類の人々がいます。

ズルいほど愛される人と、その方法を知らない人々が。

ときには羨望を、ときには嫉妬を集める前者のことを、人は「人たらし」と呼びます。

彼らの秘密のテクニックの数々を、あなたの心の内ポケットに向けてお届けします・・・。

ひとつ前の記事はこちら

 

 

こんにちは!lifepress.jp編集長の蛭田です。

 

NHKの大河ドラマ、「西郷どん」も終わり、いよいよ年末ですね。

西郷さんのお膝元、鹿児島では大河ドラマの平均視聴率が30%を超えたようです。

関東地方の平均視聴率12.8%と比べると、いかに地元の人たちから愛されているかがわかります。

最期は新政府軍と戦うことになってしまったとはいえ、明治維新の立役者であり、日本の歴史に多大な影響を及ぼしたスーパースターですからね。

 

ということで、今回は、亡くなってからもずっと愛され続けている、西郷さんの「ズルいほど愛される秘訣」を探ってみたいと思います。

 

西郷さんと言えば、大河ドラマにも出てきた「敬天愛人」という言葉が有名です。

天を敬い、人を愛する。

これは、西郷さんの生き方そのものであるとも言えます。

 

権力者が私利私欲のために農民を苦しめたり、税金で役人が私腹を肥やすようなことが許せない実直な人でした。

家族にも、必要以上の贅沢はさせなかったようです。

そして、いつでも弱者に寄り添って、手を差し伸べるような暖かい人柄で、たくさんの人々に慕われた人物でした。

 

 

蛭田 恵美 by
毎日のシゴトが楽しくなるWEBメディア、Lifepress編集長。 離婚や病気、失業といった、山あり谷ありの人生を送るなかで、心理学、脳科学、物理学、精神世界といった分野の本を読み漁り、さらには整体やアロマテラピーなどを学んだ経歴をもつ。 「人生とは楽しい実験場」をモットーに、誰もが夢を持って生きられる社会の実現を目指し、ロードマッピングの講師としても活動中。 ※詳細プロフィールはこちら:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です