その人生に、達成感を。

【人たらしのネタ帳】誰かと比べて落ち込んだ時は・・・

 

世界には二種類の人々がいます。

ズルいほど愛される人と、その方法を知らない人々が。

ときには羨望を、ときには嫉妬を集める前者のことを、人は「人たらし」と呼びます。

彼らの秘密のテクニックの数々を、あなたの心の内ポケットに向けてお届けします・・・。

ひとつ前の記事はこちら

 

 

皆さん、こんにちは!lifepress.jp編集長の蛭田です。

 

突然ですが、皆さんに質問です。

「自分は頭がいい」と思っていますか?

「美人、もしくは美男子だ」と思いますか?

 

いえいえ、とんでもない!と、首を横にブンブン勢いよく振ったあなたは、今、一体誰と比べたのでしょう?

 

もし、あなたが『ズルほど愛される人たらし』を目指すならば、「社会的比較」の罠に気を付けなければいけません。

 

社会的比較とは、1954年に社会心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱された理論で、自分の社会的な位置を確かめるためにしてしまう自分と他人の比較のことです。

 

人は、意識的にも、無意識にも、他者と自分を比較し続けています。

比較することにより、自分という人間をどこかに位置付けして、気が付けばいつの間にか一喜一憂しています。

 

上を見ては落ち込んで、下を見ては安心する。

それの繰り返しではないでしょうか。

 

比較が悪いわけではありません。

比較をすることにより、もっと上に行きたいと、向上心を持てる場合もあるからです。

テストの成績や、スポーツの順位などは比較によって頑張れることが多い場面ですよね。

社会人になってからも、営業成績など、常に比較し、意識的に競わされる部署もあるでしょう。

 

そして時には下と比べた安心感も必要です。

 

気を付けなければならないのは、常に自分よりも上の人と比較し続けてしまう場合です。

 

蛭田 恵美 by
毎日のシゴトが楽しくなるWEBメディア、Lifepress編集長。 離婚や病気、失業といった、山あり谷ありの人生を送るなかで、心理学、脳科学、物理学、精神世界といった分野の本を読み漁り、さらには整体やアロマテラピーなどを学んだ経歴をもつ。 「人生とは楽しい実験場」をモットーに、誰もが夢を持って生きられる社会の実現を目指し、ロードマッピングの講師としても活動中。 ※詳細プロフィールはこちら:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です